ボクの闘病日記(なぁんてちょっと大袈裟かなぁ)


by pao-no-oheya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

はじめての病院と先生


はじめての病院は大きくてみっつも診察室があった

患者(患イヌ、患ネコ)さんもいっぱいいてね

お医者さんも院長先生だけじゃないんだよ


ボク緊張して待合室で待ってたら。。。

若い先生が「○○さ~ん!ぱおく~ん!」って


さぁ~いよいよだ(ドキドキ)


母ちゃんが今までのこと先生に話したあとは

ボクの診察が始まって。。。


背中やお腹を触ったり

後ろの足がどれくらい動くかとか

「痛み」をちゃんと後ろの足が

感じているかとか


いろいろ診てくれた



e0252036_22585277.jpg




それからレントゲンも撮ったし

血ィも採ったよ


その間。。。母ちゃんは病院の外で待ってたって

だけどボクの啼き声が聞こえてたって


先生の説明は母ちゃんが心配してたとおりで


ヘルニア。。。らしい


でもすぐに手術するんじゃなくて

注射して治療して経過を見ながら決めるんだって


だからボクは今日から入院。。。


この日の最後に母ちゃんと会った時

ボクは帰りたかったし

いっぱい痛いこともしたから


母ちゃ~ん!ボクを置いてっちゃヤダ!


。。。って啼いちゃった


母ちゃんは「ガンバッテね」って言って

診察室の外へ出て行ったんだ


ボク。。。ガンバルよ


明日また会いに来てね

待ってるからね~




=母ちゃんより=

この日の朝、ウンチは出たのにオシッコが出ず・・・前日の夜10時頃から
だからずいぶん出ていないことになる。
歩き方もますます危うくてこれはほぼヘルニアに間違いないと思った。

即手術ではなくなんらかの治療を試みてくれる病院はないか・・・とネットで
検索したところ見つかった。
整形外科の勉強に熱心な院長だと言う。
車で片道一時間近く掛かるが仕方ない・・・と息子を連れて行ってみた。

診断はヘルニア。

完全な麻痺ではなく痛覚も残っているので内科的治療をし、その後の経過を
見ながら院長とも相談して手術かどうか決めたいと思う。

そう担当の先生から説明を受けた。

手術をしても歩けない子もいると聞く・・・「だから手術は絶対させたくない」と
言うのではないが即決ではなかったことにひと安心。

縋るような目をしている息子を振り切って帰路に着いた。
[PR]
by pao-no-oheya | 2011-10-08 12:00 | 体のこと